在宅医療│森田医院│松戸市 

内科・小児科 森田医院

在宅医療

在宅医療とは

医療は、それを受ける場所によって、

  • 外来医療(病院やクリニックの外来に通って受ける)
  • 入院医療(病院に入院して受ける)
  • 在宅医療(自宅や施設などの居宅で受ける)

――の3つに分かれます。
このうち「在宅医療」とは、医師ら医療スタッフが患者様のご自宅や高齢者施設などに訪問し、診療を行うことを言います。

往診と訪問診療

体の具合の関係で通院が困難な患者様や、退院して自宅療養を行っている患者様について、医師が患者様の居宅(ご自宅をはじめご親戚の家、老人ホーム、グループホームなどの施設)に出向いて行う診療が、往診や訪問診療となります。

往診とは

突発的な病状の変化に対して、患者様ご本人やそのご家族などの要請に応じて緊急的に患者様の居宅に出向き、診療を行うことです。

訪問診療とは

病気や障害があっても、ご自宅等にいながらにして医療を受けることができるしくみであり、通院が困難な患者様のもとに医師や看護師が定期的に訪問し、計画的に治療・看護・健康管理等を行う医療サービスです。
医師・看護師がお住まいを定期的に(通常月2回)訪問し、診察、検査、注射、処置、薬の処方などの治療はもちろん、転倒や寝たきりの予防、床ずれ予防、栄養管理などを通じて、予測されるリスクを回避し、入院が必要になるような状態を未然に防ぐように努めます。

こんな方はお気軽にご相談ください(例)

  • 退院後の生活や介護に不安がある
  • 通院は難しいと思う
  • できれば家に帰りたい、または帰してあげたい
  • 通院が辛くなってきたものの、入院はしたくない
  • 夜間や医療機関が休みの時に具合が悪くならないかと心配だ など

診療費用について

各種健康保険が適用となり、入院・通院の時と同じ負担割合になります。
訪問にかかる交通費はいただいておりません。

訪問可能エリア

千葉県松戸市内
訪問エリアについての詳細は、お電話等にてお問い合わせください。