院内処方│森田医院│松戸市 

内科・小児科 森田医院

院内処方

院内処方と院外処方について

病院やクリニックで治療を受けた際の薬の受け取り方には、診療を受けた医療機関から薬をもらう場合と、医療機関に処方せんを出してもらい、調剤薬局で薬を調剤してもらう場合があります。
治療を受けた医療機関で薬を直接もらう場合を「院内処方」、調剤薬局で薬を調剤してもらう場合を「院外処方」と称します。

当院では院内処方を実施

当院では、原則的に患者様にメリットの大きい「院内処方」を実施しております。
ただし、患者様にかかりつけの薬局があり、そちらでの薬の受け取りをご希望になる場合は、院外処方のための処方せんを発行いたしますので、遠慮無くお申し付けください。
また患者様がご希望される薬の在庫がない場合や一包化をご希望される場合は、院外処方でお願いしております。

院内処方を採用する理由

実は、薬局に処方せんを出す「院外処方」のほうが、薬の在庫管理が不要になり、医療機関にとっては手間が省けて楽です。また、薬を出すための職員や設備、機材を配置する必要が無い上、院外処方せん料は院内処方せん料よりも点数が高いため、収益性が高いというメリットがあります。
それでも当院では、あくまでも患者様の視点に立ち、患者様の利益と利便性を優先して、「院内処方」を選択しております。

院内処方のメリット

  • 調剤薬局での手数料(調剤基本料、調剤料等)などが発生しないため、自己負担が少なくなる(つまり薬代が安くなる)。
  • 調剤薬局に行く手間や時間が節約でき、会計が一度で良い。
  • その場で薬を飲んだり、吸入(インフルエンザ薬など)が可能。
  • 希望により、薬の変更追加、日数の調節が窓口で簡単にできる。

院外処方のメリット

  • 多くの種類の薬が準備されている。
  • 医師に言いづらい薬の相談が可能。
  • 積極的に一包化してくれる。
  • 複数の医療機関から薬の処方がある場合には飲み合わせなど安全性の面で優れている。