047-362-3136

千葉県松戸市松戸1343-3
グランマノワール1F

JR松戸駅東口徒歩4分

白内障

白内障

白内障とは

白内障は、主に加齢が原因で水晶体が白く濁ってしまい、目のかすみや視力低下、光がま ぶしく感じるといったことが、みられる疾患です。

白内障の原因とは

水晶体はカメラに例えるとレンズに相当する部分で、レンズ同様に透明で光をよく通しますが、水晶体のたんぱく質は加齢によって変性し、徐々に白く濁っていきます。この状態 が白内障です。 早い場合は40歳を過ぎたあたりで発症し、80歳を超えれば程度の差はありますが、大部分 の方に白内障の症状が認められます。
また、若い方であっても、全身疾患(糖尿病など)、薬(ステロイドなど)の副作用、外 傷、その他目の病気に合併するなどが原因で発症することがあります。

白内障の症状

白内障は発症しても、初期段階では自覚症状がほぼないため、気づかない場合がほとんど です。しかし、病状が進行していくと、以下のような症状が見られるようになってきます。 以上のような症状がみられたら、一度当クリニックをご受診ください。

検査について

白内障が疑われる場合は、視力検査(矯正視力検査)や細隙灯顕微鏡検査を行います。このほかにも他の目の病気の有無を調べるため、眼圧検査や眼底検査も行われます。

  • 目がかすんで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって目が見えにくい
  • 太陽光や街灯、車のヘッドライトなどの光をひどく眩しく感じる
  • 視力が低下して、小さな文字が読みにくくなる
  • メガネの度が合わなくなる など

視力検査

裸眼視力および矯正視力を、それぞれ測定します。裸眼視力が悪くても、矯正視力が良ければそれほど白内障の心配はありませんが、レンズを装着した状態で測る矯正視力が 落ちているような場合は、白内障や何らかの網膜の障害が疑われます。

細隙灯顕微鏡検査

細隙灯顕微鏡という特殊な検査機器を用い、斜め方向から目に光を当ててから目を拡大 して観察します。水晶体の状態を詳細に調べられるため、白内障の診断には欠かせませ ん。白内障にかかっている場合には、水晶体の濁りやその程度がよくわかります。

治療について

検査の結果、白内障と診断されたとしても日常生活に支障が無いような軽度な症状であれば、経過観察になります。この場合は定期的に通院して、白内障の進行状況を確認します。 この通院時に医師が点眼薬による薬物療法が必要と判断した場合、点眼薬(「ピレノキシ ン」、「グルタチオン」など)による治療が行われます。
しかし、点眼薬の使用は、白内障を完治させるものではなく、進行を遅らせることが目的 ですので、点眼薬を用いても日常生活に支障がきたすようであれば、手術療法を行います。

診療科目 内科、内視鏡内科、消化器内科、眼科
住所 〒271-0092  千葉県松戸市松戸1343-3 グランマノワール1F
TEL 047-362-3136
アクセス JR松戸駅東口から徒歩4分
駐車場 クリニック前3台
台数に限りがございますので予めご了承下さい
内科・内視鏡内科・消化器内科 | 院長 森田 靖
診療
時間
日・祝
9:00~
12:00
13:30~
15:30
内視鏡
予約検査
内視鏡
予約検査
内視鏡
予約検査
内視鏡
予約検査
内視鏡
予約検査
15:30~
18:00
眼科 | 副院長 森田さとみ
診療
時間
日・祝
9:00~
12:00
13:30~
15:30
予約
検査
予約
検査
予約
検査
予約
検査