胃腸科|森田医院|松戸市 腹痛 胃潰瘍 胃潰瘍

内科・小児科 森田医院

胃腸科

こんな症状はご相談ください

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 食後、背中が痛くなる
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 体が黄色くなった
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

胃腸科の主な対象疾患

  • 逆流性食道炎
  • 胃炎
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • ヘリコバクター・ピロリ菌感染症
  • 胃がん
  • 胃ポリープ
  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 感染性胃腸炎
  • 機能性胃腸症
  • 便秘症
  • 下痢症
  • 過敏性腸症候群
  • 膵がん
  • 膵のう胞
  • 膵炎
  • 胆嚢ポリープ
  • 胆石症
  • 胆嚢炎
  • B型肝炎
  • C型肝炎 など
ヘリコバクター・ピロリ菌
日本人の胃がんの99%にピロリ菌の感染が関与していることが知られており、胃がんの発症を防ぐ意味でも、ピロリ菌の除菌が推奨されています。
当院の院長は「ピロリ菌感染症認定医」ですので、何でもお気軽にお尋ね下さい。

胃がんリスク検診(ABC検診)

胃がんリスク検診(ABC検診)は、胃がんそのものを見つける検査ではありません。人の胃の中に生息するヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無と、ペプシノゲン判定による胃粘膜の萎縮の度合を血液検査で調べ、胃がんや胃潰瘍、慢性萎縮性胃炎などの胃疾患に罹るリスクを下記のようにAからDに分類します。

  ヘリコバクター・ピロリ抗体検査
  陰性 陽性
ペプシノゲン検査 陰性 Aタイプ Bタイプ
陽性 Dタイプ Cタイプ

ペプシノゲン検査とは

血清中に含まれるペプシノゲン(胃粘膜から分泌されるペプシンの前駆物質)の濃度を測定することによって、胃粘膜の健康状態(萎縮度)を確かめる検査です。
胃がんの多くは胃粘膜の「萎縮」を経て発生すると考えられており、これが胃がん検診に応用されています(ペプシノゲン法)。ペプシノゲン法で陽性と出た人は、陰性の人よりも胃がんなどの発見率が高いことがわかっています。

ヘリコバクター・ピロリ抗体検査とは

ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの主たる原因と考えられており、2000年には潰瘍の再発を予防する効果があるとして、その除菌治療が保険適用となりました。このピロリ菌に胃が感染していないかどうかを調べる検査がヘリコバクター・ピロリ抗体検査です。ピロリ菌に感染していない人が胃がんになることは稀です(すべての感染者が胃の病気になるわけではありません)。

タイプ別診断

Aタイプ=健康的な胃粘膜
胃の病気になる危険性の低い、健康的な胃粘膜と考えられます。ただし、念のため一度は内視鏡検査等の画像検査を受けましょう。
Bタイプ=少し弱った胃粘膜
少し弱った胃粘膜ですので、胃・十二指腸潰瘍などに注意が必要です。一度、内視鏡検査を受けておきましょう。
Cタイプ=弱った胃粘液
胃がんなどの病気になりやすい、弱った胃粘膜です。内視鏡検査が必要で、定期的な検査をお勧めします。
Dタイプ=かなり弱った胃粘膜
かなり弱った胃粘液ですので、胃がんなどの病気になるリスクがあります。内視鏡検査は毎年、必ず受けましょう。
Eタイプ(ABC分類対象外)=除菌群
ヘリコバクター・ピロリ除菌後の方(Eタイプ)は、定期的に内視鏡検査を受けましょう。

下記のどれかに当てはまる方は、正しい結果が得られないケースがあります。

  • ヘリコバクター・ピロリの除菌治療を受けた方
  • 明らかな上部消化器症状のある方
  • 上部消化管の疾患を治療中の方
  • プロトンポンプ阻害剤を内服中の方
  • 胃切除後の方
  • 腎不全の方

料金について

検査内容 料金
胃がんリスク検診(ABC検診) 4,000円(自費)

別途、診察料がかかります。